2018年8月16日(木) 17:10 JST

文創りのエチュード第5話 『日本最新流行会社 楽園.com』/斎藤陽菜さん作 和紙の名刺×フィクション

  • 2010年11月 1日(月) 08:15 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,986

『日本最新流行会社 楽園.com』  ―――  斎藤 陽菜(はるな)


 

  私の幼馴染、三須田明(みすたあきら)は小さい頃から新しい物好きで、常に自分で新しい物を
探していた。それ故に、変わった奴だと言われていた。

 明君と私は、幼馴染という腐れ縁のせいか、大学まで一緒であった。
大学を卒業すると同時に、明君は、「楽園」と社名を付けて、自分の会社を興した。
一方で私は、この就職難で何百社という会社の採用試験を受けたものの、内定をもらえ
ずに、あやうく自宅警備員と言えばかっこいいだろうが、ニートになりかけていた。そん
な私に手を差し伸べてくれたのは、明君であった。

彼の会社に出社した初日、彼から名刺ケースを差し出された。

「美咲(みさき)ちゃん、これ君の分の名刺ね。ちょっとこだわりを持って作ってみたんだ」

渡された名刺ケースを開け、取り出すと、他の名刺にはないゴワゴワ感があった。
「明くん、この名刺なにでできてるのかな? 和紙みたいな感じがするんだけど…」
「美咲ちゃん大正解! これは和紙でできてるんだ。特注のやつだから、大事に使ってね」

明君に渡された名刺を使うことになったのは、それから間もなくのことであった。私た
ちの会社の製品の売り込みを私は任された。
今日は、初めて他の会社を訪問する日だ。緊張しながら待っていると、中年の男性と私
と年齢の近そうな女の子が入ってきた。
「林です」と名乗りながら、名刺を交換した。
男性は私の話を熱心に聞いてくれているのに、なぜか彼女は名刺を手にとってみつめていた。

「そうですか……では検討をお願いします。」
男性からいい返事はもらえず、会社に戻った。きっと目の前で断り切れないから、検討
になったのだろうとショックを受けていた。
次に生かせる失敗だったらいいんだと明君は言ってくれたけど、これでは申し訳なくて
しかたなかった。明君は私の落ち込み加減を見かねてか、ポケットから何か差し出した。
それは赤いイチゴのシールだった。
「このシールをはると、運気が上がり、必ず成功するって、今、売れてるんだって」
新しい物好きな彼らしいプレゼントだった。

私は彼の言葉を信じて次の商談への準備をしようと名刺にシールを貼ってみた。なかな
か可愛い名刺が出来上がってうれしかった。名刺を明君に見せていると、私の携帯が鳴った。

「はい、楽園の林です。……ええ、はい! そうです!」 
初めて訪問した会社から次回のアポイントの連絡だった。

「素敵な名刺ですね」と男性から言われた。明君の新しい物好きは、成功の秘訣なのかも
しれないと思った。


= = = = =

『文創りのエチュード』に関連する記事:

[⇒]文創りのエチュード第4話 『退屈からの脱走者』/島村綾さん作 揉み紙の上製本×フィクション
[⇒]文創りのエチュード第3話 『グッバイ・サラ』/児玉美津江さん作 七夕大麗紙×フィクション
[⇒]文創りのエチュード第2話 『フォーチュンカード』/街野あかりさん作 和紙の名刺×フィクション
[⇒]文創りのエチュード第1話 『水色式部日記』/村瀬朋子さん作 和綴じの本×フィクション
[⇒]和紙と文章とのコラボ企画、『文創りのエチュード』は毎日1話ずつの更新です。
[⇒]『文創りのエチュード』の取り組み、続いて日刊工業新聞・大阪版に掲載。
[⇒]『文創りのエチュード』の取り組みが産経新聞大阪版に掲載中。
[⇒]『文創りのエチュード』、それは和紙製品と文章との知的なコラボレーション。

= = = = =

◆こちらの作品へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンより登録下さい。

◆和紙や小間紙に関するお問合せ、マスコミ取材のご依頼などは
【和紙商小野商店のお問合せフォーム】からお願い致します。

◆『企業ブランディングを和紙で彩る』
【和紙商小野商店のトップページ】に戻ります。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.onopapers.com/trackback.php/20101031180030871

文創りのエチュード第5話 『日本最新流行会社 楽園.com』/斎藤陽菜さん作 和紙の名刺×フィクション | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

リバーシブルの和紙で作製した変形カマスの洋型3号封筒
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2018年 08月
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

英語版切り替え