2018年8月16日(木) 17:10 JST

文創りのエチュード第6話 『この世で目覚めたラブレター』/伊東香代子さん作 懐紙×フィクション

  • 2010年11月 2日(火) 08:20 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,348

『この世で目覚めたラブレター』  ―――  伊東香代子


 


 「宝(とも)ちゃん、うち、もうあかんわ! 体中に癌(がん)が、回ってしもたんよ。明日、入院や
ねん。悪いけど帰ってきてくれへん……」と実家を守っている父の妹、ひさこから電話が入った。

 憔悴(しょうすい)している私に、「たった一人の叔母さんや、悔いのない様に看病してこい」と
夫からの言葉に胸が熱くなった。

叔母の看護をしながら、猛暑真っ盛りの7月から2ヶ月が過ぎた。
彼岸の中日を迎えれば、めっきり秋の足音を感じる。夜になると、コオロギをはじ
め虫達の大合唱が始まる。その音色に耳をすますと、叔母の思い出が走馬燈の様に浮ぶ。

物静かで、笑顔を絶やすことなく、美しい着物姿が印象強く残っている。
茶道に一生を捧げていた。祖母の死後、家を大改造して茶室を建てた。年若い弟子
達が多く出入りして、家の中が華やかで楽しかった。

その時に玄関横の洋間に置いてあった長椅子。今は色褪せ、ゴブラン織りの生地に
シミもあり、摩(す)り切れて裏地が出ている。私はその長椅子にゴロリと横になり、ビー
ルを飲む毎日が過ぎていく。今夜も酔いが回ってきたのか、抑えていた感情が溢れて
きて、涙が止(とど)めなく流れた。

少しの間居眠りをして慌てて目覚めると、窓側からブーンブーンと、一匹のミツバチ
が飛んできた。何度も追い払うが、私から離れない。
夕刊を丸めて「おい! ハチやろう、私に恨みでもあるのか!」と言うと、
「いいえ、恨みはございません」と返事をした。続けて
「どうか驚かないで下さい。実はお願いがあります。
ひさこさんが亡くなる前に、僕が渡した懐紙を探して欲しいのです。
僕は、昭和20年の初釜の時、彼女に恋文を渡したまま戦争に行きました。
あの世では、戦死者には恩恵が与えられます。愛する者の所に会いに行くことが出来る
のです。しかし、その証が必要なのです。
僕は、彼女と共に黄泉(よみ)の国に旅立ちます。その前に、あの懐紙が必要なのです。
僕が彼女を愛した証となるあの懐紙がなければ、僕は、ずっとミツバチとしてこの世で
生きていかなければなりません! どうかあの懐紙を探してください。もう時間がありま
せん! 僕は元の姿に戻って彼女に会いたいのです。僕を人間に変身させて下さい」と、
ミツバチは深々と頭を下げた。

私はパニクった脳回線を平常に戻す為に、
『慌てずに、ゆっくりと』何度も心の中でつぶやいた。探す懐紙は叔母の重要書類袋に
無し、和箪笥、洋箪笥、茶箪笥にも入って無かった。
探し残していた鏡台の引き出しの中に、古びた懐紙は桃色のハンカチに包まれてあった。
懐紙を広げると『ひさこ様 私は、絶対に死にません。戦地から帰りましたら結婚して
ください。山下正人』
私は切ない叔母の恋物語に、大声で泣いた。

ミツバチから変身した青年は、真面目な好青年。
二日後、二人は笑顔で黄泉の国に旅立った。


= = = = =

『文創りのエチュード』に関連する記事:

[⇒]文創りのエチュード第5話 『日本最新流行会社 楽園.com』/斎藤陽菜さん作 和紙の名刺×フィクション

[⇒]文創りのエチュード第4話 『退屈からの脱走者』/島村綾さん作 揉み紙の上製本×フィクション

[⇒]文創りのエチュード第3話 『グッバイ・サラ』/児玉美津江さん作 七夕大麗紙×フィクション

[⇒]文創りのエチュード第2話 『フォーチュンカード』/街野あかりさん作 和紙の名刺×フィクション

[⇒]文創りのエチュード第1話 『水色式部日記』/村瀬朋子さん作 和綴じの本×フィクション

[⇒]和紙と文章とのコラボ企画、『文創りのエチュード』は毎日1話ずつの更新です。

[⇒]『文創りのエチュード』の取り組み、続いて日刊工業新聞・大阪版に掲載。

[⇒]『文創りのエチュード』の取り組みが産経新聞大阪版に掲載中。

[⇒]『文創りのエチュード』、それは和紙製品と文章との知的なコラボレーション。

= = = = =

◆こちらの作品へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンより登録下さい。

◆和紙や小間紙に関するお問合せ、マスコミ取材のご依頼などは
【和紙商小野商店のお問合せフォーム】からお願い致します。

『企業ブランディングを和紙で彩る』
【和紙商小野商店のトップページ】に戻ります。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.onopapers.com/trackback.php/20101101211241332

文創りのエチュード第6話 『この世で目覚めたラブレター』/伊東香代子さん作 懐紙×フィクション | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

堂島リバーフォーラムで開催の新年互例会でkon-garaの空間演出 その4
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2018年 08月
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

英語版切り替え