2020年1月23日(木) 21:26 JST

大阪天満宮近くの料亭「相生楼」で開催、伊豆の踊り子朗読会を飾る坤柄紙(こんがらし)展示の様子

  • 2012年3月16日(金) 20:21 JST
  • Contributed by:
  • Views: 2,254

先日、大阪天満宮表門近くにある料亭「相生楼」で開催、
花伝サロンが主催するイベント「伊豆の踊り子の朗読会」が無事終了。

渡辺えりさんの朗読する姿、そのバックに流れる高本一郎さんが演奏するリュートの音、
そして、相生楼が醸し出す日本建築の雰囲気と見事にマッチしていました。

料亭「相生楼」の空間に大判和紙の坤柄紙(こんがらし)で演出

この空間を大判和紙で作製した坤柄紙(こんがらし)で演出、
主催者や参加者の方々の反応も概ね良好で良かったです。

今回、展示のお声かけいただいた、相生楼の若女将さん、
美術画廊ギャルリ・ムスタシュの和田さんに感謝致します。



当日の開場の様子はこのような感じになりました。
(朗読会が終わってから、撤収時に撮影した映像です。)

料亭「相生楼」は故・川端康成さんの生家跡に建てられているということで
毎年、この場所で彼の作品を体験するイベントを開催されているとのこと。

建物内の廊下は赤絨毯がびっしりと敷きつめられ、
所々に豪華な室礼が展示されているのが印象的でした。
大阪市内にもまだこんな建物が残っているのですね。

イベント前日が搬入と設営ということだったので
真剣なリハーサルを目の前で見れたのも新鮮でした。
また、終了後にお料理をご馳走になり、美味しくいただきました。

またの機会、こういった展示をご一緒できれば嬉しいです。
では、また今度。和紙商小野商店 河手


※『相生楼での坤柄紙(こんがらし)展示』に関連するブログ記事:

[⇒]伊豆の踊子の朗読会に坤柄紙(こんがらし)、大阪天満宮近く老舗料亭「相生楼」の空間を演出


▼このブログ記事へのご意見・ご感想は
下にある『コメント投稿』ボタンから登録出来ます。

▼和紙や小間紙に関するお問合せ、マスコミ取材のご依頼などは
和紙商小野商店のお問合せフォーム又は以下の連絡先に直接ご連絡ください。

〒543-0044 大阪市天王寺区国分町1-15 JR環状線高架NO.93
TEL06-6772-8521 FAX06-6772-8531 (担当は河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
『いいね!』ボタンを押して下さい。励みになります。

『企業ブランディングを和紙で彩る』
和紙商小野商店のトップページに戻ります。

Trackback

Trackback URL for this entry:
http://www.onopapers.com/trackback.php/20120316202153986

大阪天満宮近くの料亭「相生楼」で開催、伊豆の踊り子朗読会を飾る坤柄紙(こんがらし)展示の様子 | 0 comments | Create New Account

The following comments are owned by whomever posted them. This site is not responsible for what they say.


和紙を使った紙製品の作製事例

新店オープンした東急ハンズ京都店に出品の和紙製上製本ノート
Browse Album

Site Calendar

Skip Site Calendar

«
January 2020
»
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

英語版切り替え