2017年12月17日(日) 21:02 JST

和紙特有のザラついた素材感が特徴、凸版で印刷する会社経営者向けの手漉き名刺

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2012年11月 8日(木) 20:28 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,073
広島に住む親戚の叔父さんが仕事を独立するとのことで
和紙を使った名刺を作製しました。

樹脂版の凸版で印刷した一枚漉き、手漉きの耳付き和紙名刺

名刺の四方に耳(繊維)が付いた、
両面ともザラついた素材感が特徴の手漉きで一枚漉きの綺麗な名刺。
樹脂板の凸版を作製し、表面のみ黒色だけで印刷しました。

一枚漉きで手漉きの和紙名刺、紙表面のザラついた素材感が特徴的です

 

テキスタイルデザインの透け感が特徴的、和紙を通した光の陰影を演出する手漉きの技法とは

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2012年10月 1日(月) 19:37 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,138

以前、作製を支援した照明用シェードに
使用する(予定だった)手漉き和紙の事例。

この時は試作段階で時間切れとなってしまい、
陽の目を見ない、幻の和紙となってしまいました…。

パルプの原料をグレーに色止めして手漉きした和紙

全体的にグレーかかった和紙に
画像のようなテキスタイルデザインの透け感を持たせ、
照明の光を通して陰影を見せるという特徴的な表現方法。

この紙は通常、無地のグレーに見えますが、
光を透過させた時にだけこのようにテキスタイルデザインが現れます。

テキスタイルデザインの透け感を漉き合わせで表現した、照明のシェード用に使用する手漉きの和紙

 

紙好きの方なら少しは知っておきたい手漉き和紙名刺の柄重ねの表現手法

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2012年3月28日(水) 17:23 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,373

手漉きで一枚漉きの和紙を使った名刺の作製事例。

白色の和紙の表面に白系のギラインクで和柄を付け、
さらにその上から印刷する、少し凝った名刺の作製を支援しました。

手漉きで一枚漉き和紙名刺に白で渦巻き柄を入れた事例

手漉きで一枚漉き和紙名刺に白で渦巻き柄を入れた事例

ロゴがかなり複雑で込み入ったデザイン。
柄の白抜け部分が心配でしたが、何とか上手く作製できました。

手漉きで一枚漉き和紙名刺に白ギラインクで入れる柄の種類

この柄入りの和紙名刺は画像のように
その他に花柄、波柄、市松柄、唐草柄などもあり、
柄をそのまま生かしたり、柄に重ねる使い方も宜しいかと思います。

では、また今度。 和紙商小野商店 河手

京都に初お目見えの坤柄紙は大きめのドレープと町屋風の透け感が特徴

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2011年12月 5日(月) 22:00 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 896

先日、作製・納品させていただいた坤柄紙(こんがらし)の作製事例。

本年の初め、当社の京都のお客様からお問合せがあり、
事務所に新しく併設するショールームの演出用として
5本の坤柄紙をお考えとの事でした。

打ち合わせに何度か伺って、デザイン案を提示して約6ヶ月・・・
何度かの修正を経て、先日、何とか納品できて感無量でした。

家紋のような柄で透け感を持たせ、ドレープを入れた坤柄紙(こんがらし)

今回の坤柄紙の特徴は、
・ショールーム側は商品に和紙が掛かり過ぎない様に
大き目のドレープを利用して、紙自体の長さを調節。
薄い和紙との二層であたかも行灯のような見え方を演出。

家紋のような柄で透け感を持たせ、ドレープを入れた空間演出用の坤柄紙(こんがらし)

・事務所側はお客様の入店時に直接目を合わさない様に、
京都の町屋をイメージした切り抜きで透け感を作製しました

京都の町屋のように視線を遮るための設置した坤柄紙(こんがらし)

デザイン2種類は知人のデザイナー・牧野さんが作成、
和のテイストでもモダンなビジュアルにしていただきました。
遣り甲斐のあるお仕事でした。

和紙商小野商店 河手

北京のホテルに近々お目見えの大判和紙に原料の繊維だけでクモの巣状にする手加工の凄さ

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2011年8月30日(火) 21:05 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 900

先日、設計事務所さんからのご依頼、手漉きで作製を対応させていただいた
空間演出に使用する大判和紙の事例について。

納期が非常にタイトで一時はどうなるかと思いましたが、
何とか対応できて、良かったです。

紙の原料、主に三椏の繊維を絡ませ作製した空間演出用の大判和紙

紙の原料、主に三椏の繊維を絡ませ作製した空間演出用の大判和紙

これは和紙の三大原料である三椏(ミツマタ)の繊維を使って、
手漉きで約1000×2000mmの大きさでクモの巣状に作製したもの。

これを紙と言っていいものかどうか、大変悩ましいのですが・・・、
存在感のある、斬新な質感の和紙になったのではないでしょうか。

紙の原料、主に三椏の繊維を絡ませ作製した空間演出用の大判和紙

紙の原料、主に三椏の繊維を絡ませ作製した空間演出用の大判和紙

この和紙は中国・北京にあるホテル内に日本料理店を併設するとのことで、
その空間演出用の素材として、お使いいただけるようです。
今頃は丁度、設置している頃かもしれませんね。

和紙と光との相性も考慮し、
下地に少し透け感のあるパステルの薄紙を貼り込み、
あたかも大きな行燈がホテル内に灯っているかのような空間を
想定しているとのことでした。

アクリルなど光の透過する素材に挟み込み、照明と組み合わせて
天板や壁にしてみてもダイナミックな空間になりそうです。

和紙商小野商店 河手

照明デザインに透かしという表現を付加するための和紙を漉く基本技法

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2011年8月19日(金) 15:27 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,136

先日、作製を支援した手漉きで対応した和紙の事例。

市松柄の透かしを入れた手漉きの和紙

紙自体に総柄の市松柄を透かしで入れた和紙を
特注で作製させていただきました。

この後、この和紙は再加工され、空間演出として、
透け感を生かした照明機器に生まれ変わるとのことです。

市松柄で透かしを入れた手漉きの和紙

きっと光との相性もいいでしょうね。
透かしがどのように見えるのでしょうか、完成が待ち遠しいです。

このように透かしを入れて、紙を漉くこともできるのも和紙の特徴的な技術。

主な用途としては、各種学校や大学の卒業証書、免状・賞状用紙、懐紙用紙に
校章や紋章や学校名、ロゴやマークを入れたりします。
身近なものでは紙幣の中心に見えるのも微細な透かし。
皆さん、よくご存知ですよね。


市松柄で透かしを入れた手漉きの和紙

紙の中にこういった透かしを入れることができる事を
少し知っておくだけでデザインする際の表現の幅が広がるように思います。

詳しくは和紙商小野商店・河手までご気軽にお問い合わせください。

空間デザインに携わっている方が是非とも知っておきたい別注対応が可能な大判和紙

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2011年8月 4日(木) 19:49 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 848

先日、和紙の作製を支援した事例について。

ある会社の会議室の空間をLEDを組み合わせて演出するとのことで、
襖紙よりも大きめの変形サイズの和紙を別注で作製する機会がありました。

縦約2450×横約1100mmの大きさで漉く、空間演出用の原料をカラシ色に着色した一枚ものの手漉き和紙

打ち合わせ当初は通常の襖紙程度の大きさでお考えでしたが、
和紙でも変形の大きなサイズで漉く事も出来ることをお伝えしました。

一転、紙原材料の色留め、紙を漉く大きさ、紙厚など仕様を決め、
別注の大判襖紙をお作りすることに。

縦約2450×横約1100mmの大きさで漉く、空間演出用の原料をカラシ色に着色した一枚ものの手漉き和紙

こんなケースは初めてでしたので、新鮮な気持ちで取り組めました。
紙にこだわりのある方は確かに居られるんですね。

このような大きな和紙を飲食店などの店内空間の装飾に
使ってみるのもダイナミックで良いかもしれませんね。

和紙のクレープ紙シールの質感で和のテイストを表現するドレッシング瓶用のラベル

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2011年7月27日(水) 12:17 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,203

先日、和紙のシール素材を使って印刷し
このような
商品用ラベルを作製する機会がありました。

クレープ紙シールに印刷して作製した商品用の和紙ラベル

この和紙シールはサラダのドレッシング瓶に貼るラベルで
この度の新商品発売に合わせて作製させていただいたもの。

和のテイストで演出したいとのご希望でしたので
檀紙のように紙全体に細かな縮みが入っている
和紙のシール素材で提案してみました。

クレープ紙シールに印刷して作製した商品用の和紙ラベル

口で上手く表現しにくいのですが、
凸版でやや強めに印刷した加減でしょうか。。。

真ん中のマークの部分は印刷しただけなのに、
盛り上げ加工したような質感になったのは
想定外の新しい発見でした。

このようなサラダのドレッシングをはじめ各種調味料の瓶や
清酒・焼酎の瓶に貼る和紙ラベル、商品用ラベルとして、
和のテイストを演出できる、使いやすいシールだと思いました。

和紙素材感の表裏差を楽しみ、シンプルに見せるあるコピーライターの名刺

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2011年7月 5日(火) 12:10 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,022

先日、あるコピーライターさんの名刺に和紙を使って
お作りする機会がありました。

使用した和紙は、鳥の子紙の白色・極厚という銘柄で
和紙の中では珍しい、かなり紙厚のあるカード紙。



主に名刺、DM、ハガキやブライダル関連の紙製品で使用、
オフセット印刷や活版印刷や空押し加工でエンボスしたりと
比較的、印刷や加工特性のある和紙です。

またこの名刺の表面はツルツル、逆に裏面はザラザラと紙に表裏差があり、
和紙特有の相反する2つの素材感を楽しむ事ができます。


機械漉きの鳥の子紙の極厚を使用した名刺の作製事例

グラフックデザイナーが知っておきたい名刺をさらに個性的に魅せる和紙の加工方法とは

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2011年5月13日(金) 17:31 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 919

先日、『印相鑑定士』という職業の方の名刺の
作製をお手伝いする機会がありました。

『印相鑑定士』って・・・?一体、どんな職業なのでしょう?

印面の視覚的で効果的な文字組みや配置など
印鑑のコンサルティング兼デザイナーのような存在とのこと。

こんな職業があるとは、世の中には色んな職業があるものです。



さて、名刺は紙素材に機械漉きの白い和紙を使って、
お名前、住所、連絡先などを通常のオフセット印刷した後、
象のマークを1箇所だけ盛り上げ加工することに。

しかもこの象のマーク、耳の部分が二段に盛り上げて
加工するという今までに作製したことがない名刺になりました。

通常は一段に盛り上げるのが通常なのだと思いますが、
改めて見ると、自身の職業を分りやすく、効果的にアピールするには
良い名刺なのかもしれませんね。

またグラフィックデザイナーの方もこういう和紙の加工方法を
知っておくことで、ここぞという時の提案にしてみてはいかがでしょうか。



このような個人用の名刺はもとより、
企業用のDMカードやショップカードや商品用タグ、ブライダルシーンでの招待状など
印刷ではない、和紙への表現方法として、このような盛り上げ加工を
知っておくのも宜しいかと思います。

また和紙全面よりはワンポイントでマークやロゴや文字や飾り枠を入れて、
加工するのも良いのかもしれませんね。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

幅広の鳥の子紙全面に花の写真を大判出力してつくる空間用襖紙
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2017年 12月
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ユーザー機能

ログイン

ブランドiphoneケースコピー