2018年11月16日(金) 08:39 JST

トップページのピックアップ画像
スライドショー   前へ   次へ


梅田のグランフロントにある企業ショールームで開催された、
大阪大学の端財アップサイクル講座「etsaw(エットソー)」展示会の風景。

和紙の断裁落ちや襖紙の端材、B品などを使用して名刺を作り出展。
元々、金属は排水溝のカゴで使用され、使わなくなった部分はそのまま廃棄。
機能やデザインで新しい価値を付加し、
自分で作る名刺作製キット「TOTTY(トッティー)」として生まれ変わりました。

※この画像に関連するブログの記事:
和紙の端材活用で商品化、大阪大学の講座である端財アップサイクル展示会に参加
[→]http://www.onopapers.com/article.php/20150312191100459

  画像 1 / 3
  20151130134838137
2015年11月30日(月) 13:48 JST
閲覧 4299
  • Currently nan/5
評価: nan/5 (0 人)
投稿者: Admin  

  
この写真をDigibug.comで印刷する   
大阪大の端財アップサイクル講座の展示会に出展した和紙や襖紙の端材を使った名刺 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

紙全面に穴があいたの特徴である手漉きの大判和紙
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2018年 11月
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

英語版切り替え