2019年9月23日(月) 14:29 JST

和紙商小野商店が出展・参加した展示会やイベント、ワークショップの関連画像
Slide Show   Previous   Next


大阪・北加賀屋にある名村造船所跡地・クリエイティブセンター大阪で
2日間開催のミックスカルチャーイベント「名村大人遊園地」に参加。

敷地内外では各種アート作品の展示、パフォーマンス、ライブペインティング、
コンサートなどなど、盛り沢山な内容で開催されました。

倉庫の3階では、知人である家具町工房・賀來さんが組み立てた、
つくれるお茶室的空間を赤くし、穴があいた、一枚ものの大判の手漉き和紙で四方を飾り、
この空間の中でこちらも全身真っ赤がトレードマークの美術家、浜崎健さんが
お茶会を催すという、シュールなパフォーマンスを開催。
沢山の方々が来られてました。

当初、四面とも囲ってしまって、見えなくするつもりだったのを、
この和紙を使うことで、内と外が見えるか見えないかで繋がり、
内側の存在も確認できるように、京都の町家のようなイメージに。

※この画像に関連するブログの記事:
大阪の名村造船所跡地でお目見え、 お茶室的空間に使用した穴の開いた大判の手漉き和紙
[→]http://www.onopapers.com/article.php/20141218175807137

  Image 3 of 4
  20151124192715620
2015年11月24日(火) 19:27 JST
Views 116453
  • Currently nan/5
Rating: nan/5 (0 votes cast)
Uploaded By: Admin  

  
Print this Picture at Digibug.com   
大阪の名村造船所跡に出現した、 お茶室的空間の四方を覆う穴があいた大判の手漉き和紙 | 0 comments | Create New Account

The following comments are owned by whomever posted them. This site is not responsible for what they say.


和紙を使った紙製品の作製事例

和紙製上製本の表紙に入る「0311YNWA」のエンボス型
Browse Album

Site Calendar

Skip Site Calendar

«
September 2019
»
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

英語版切り替え