2019年1月21日(月) 21:36 JST

和紙や小間紙の使用事例や紙製品の作製事例
スライドショー   前へ   次へ


以前、グラフィックデザイナーから
気に入って選んだ書体を使って、文字抜けを良く印刷し
和紙の名刺を仕上げて欲しいとのご依頼でした。

名刺用紙として選んだのは一枚漉きの四方に耳が付いた手漉きの和紙。
少し印刷特性を持たせた、ラフな素材感のものを選び、
文字の抜けの事も考慮して、凸版で印刷、
最終的に検品して完成、専用の貼箱ケースに入れてお届けしました。

※この画像に関連するブログ記事:
【グラフィックデザイナーであれば知っておきたい、書体を生かす和紙名刺の選び方】
[→]http://www.onopapers.com/article.php/20140704161626265

  画像 31 / 62
  20151124195059772
2015年11月24日(火) 19:52 JST
閲覧 103695
  • Currently nan/5
評価: nan/5 (0 人)
投稿者: Admin  

  
この写真をDigibug.comで印刷する   
一枚漉きの和紙を使った手漉きの四方耳付き名刺 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

外資系ホテルの空間を演出する照明用の手漉き雲龍紙
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2019年 01月
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

英語版切り替え