2017年10月17日(火) 12:42 JST

和紙や小間紙の使用事例や紙製品の作製事例
スライドショー   前へ   次へ


原材料の大部分に楮を使用し、
紙の強度を持たせるため、紙表面に凹凸が出る程度の厚みにし、
荒々しい素材感の雲龍柄で漉きました。

また、柄が画一的にならないように
紙全体に満遍なく散らして漉いたのが特徴の手漉きの和紙です。
後工程で円柱型の照明器具に加工され、外資系ホテルの館内空間を演出するとのことです。

この画像に関連するブログ記事:
「企業だけでなく個人にも対応可能な照明用に使う手漉きの和紙とは」
http://www.onopapers.com/article.php/20140213203251685

  画像 35 / 57
  20151124195117844
2015年11月24日(火) 19:52 JST
閲覧 11790
  • Currently 0.00/5
評価: 0.0/5 (0 人)
投稿者: Admin  

  
この写真をDigibug.comで印刷する   
外資系ホテルの空間を演出する照明用の手漉き雲龍紙 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

和綴じワークショップ時の作製物 その②
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2017年 10月
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ユーザー機能

ログイン