2018年6月22日(金) 12:57 JST

和紙や小間紙の使用事例や紙製品の作製事例
スライドショー   前へ   次へ


表面と裏面の色が異なるリバーシブルの和紙を使って、
変形カマスの洋型3号の封筒を作製する機会がありました。

和紙の表面は白の雲龍柄、裏面は若草色と朱色のリバーシブル、
封筒の封を開けた際に、ビビットな色彩が目に入ってきます。

最終的にこの和紙封筒に会社の連絡先やロゴを印刷し、オリジナル封筒が完成。

比較的、低ロットでも対応可能なので
御社のブランディングツールとして、お役立ていただければ幸いです。

※この画像に関連するブログの記事はこちらになります。
[⇒]和紙の表裏の色彩差で魅せる、洋型3号のリバーシブル封筒
http://www.onopapers.com/article.php/20140725183306397

  画像 30 / 62
  20151124195122367
2015年11月24日(火) 19:52 JST
閲覧 52949
  • Currently nan/5
評価: nan/5 (0 人)
投稿者: Admin  

  
この写真をDigibug.comで印刷する   
リバーシブルの和紙で作製した変形カマスの洋型3号封筒 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

花伝サロンの江原啓之さん講演会で空間演出(2012年10月10日)
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2018年 06月
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

英語版切り替え