2018年8月16日(木) 17:12 JST

和紙や小間紙の使用事例や紙製品の作製事例
スライドショー   前へ   次へ


先日、フランスの展示会「パリデザインウィーク2015」に出展した大判の手漉き和紙。

襖紙程度の大きさのある別注で漉いた大判和紙のタペストリー。
紙全体的に穴があいており、原料である三椏の素材感や
光を透過した際の陰影が特徴です。

企業のショールームやショップや飲食店など
商空間を演出する和紙素材としての用途を想定しています。

※この画像に関連するブログの記事はこちらになります。
大判和紙のタペストリーを出展のパリデザインウィーク2015で得た感触とある気づき
[⇒]http://www.onopapers.com/article.php/2015102015455427

  画像 19 / 62
  20151124195123103
2015年11月24日(火) 19:52 JST
閲覧 80989
  • Currently nan/5
評価: nan/5 (0 人)
投稿者: Admin  

  
この写真をDigibug.comで印刷する   
紙全体に穴があいたのが特徴の別注で漉いた大判和紙のタペストリー | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

花伝サロンの江原啓之さん講演会で空間演出(2012年10月10日)
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2018年 08月
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

英語版切り替え