2018年10月22日(月) 06:23 JST

和紙や小間紙の使用事例や紙製品の作製事例
スライドショー   前へ   次へ


2014年の当社年賀状の特徴は、
型染めの柄が印刷された和紙の裏側に
機械漉き鳥の子紙の白色・90kg程度、
裏面(ザラザラ面)が表に出るよう合紙加工し、
宛名面は1色の活版で印刷してみました。
紙の厚みを考えると、もう1枚ほど鳥の子紙を合紙した方が
もう少ししっかりしたかなと思っています。

  画像 41 / 62
  20151124195207879
2015年11月24日(火) 19:52 JST
閲覧 67372
  • Currently nan/5
評価: nan/5 (0 人)
投稿者: Admin  

  
この写真をDigibug.comで印刷する   
和紙商小野商店の2014年の年賀状 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


カテゴリー

新着情報
小野商店ブログ
ニュースレター
製作実例
メディアギャラリー
個人情報について
サイトマップ

和紙・小間紙の活用事例

イタリアに発送の千代紙を使って手加工で作製した貼箱小箱
アルバムを見る

営業日とお知らせ

サイトカレンダーをスキップ

«
2018年 10月
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

英語版切り替え