2019年4月24日(水) 03:00 JST

和紙や小間紙の使用事例や紙製品の作製事例
Slide Show   Previous   Next


以前、作製を支援した手漉きの大判和紙の事例。

紙全面に穴があいているのが特徴で、
光を通して見える三椏の素材感や透け感の表情が綺麗です。

・展示会場に視認性を与えるブースデザインとして
・展覧会の空間を演出する背景として
・企業のショールーム、ショップなど商空間の演出として
などなど使い勝手、利用価値の高い大判和紙。

基本的な大きさは、1000×2000ミリですが、
その他、変形サイズにも対応、最大は2000×3000ミリで
1シートから別注の手漉きで作製可能です。

企業のブランディングに是非、お役立てください。

※この画像に関連するブログの記事はこちらです。
・紙全面に空く穴が特徴、服飾デザインで生まれ変わる三椏の手漉き大判和紙
[⇒]http://www.onopapers.com/article.php/20140612190958329

  Image 17 of 62
  20160530185350612
2016年5月30日(月) 19:06 JST
Views 126005
  • Currently nan/5
Rating: nan/5 (0 votes cast)
Uploaded By: washi_ono_kawa  

  
Print this Picture at Digibug.com   
紙全面に穴があいたの特徴である手漉きの大判和紙 | 0 comments | Create New Account

The following comments are owned by whomever posted them. This site is not responsible for what they say.


和紙を使った紙製品の作製事例

外資系ホテルの館内空間を演出する手漉きの楮紙
Browse Album

Site Calendar

Skip Site Calendar

«
April 2019
»
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

英語版切り替え